本をめぐる冒険

読んだ本の感想などを書いてみるブログ。

『薔薇の名前』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 あなたが絶対に知るべき唯一のものとは、図書館の場所である。

アルベルト・アインシュタイン(ドイツ生まれの物理学者/1879-1955)

 さて、今回はウンベルト・エーコさんの『薔薇の名前』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 修道士のウィリアムと弟子のアドソはメルクの僧院を訪れた。雪に残された足跡から馬の存在を導き出したウィリアムは、修道院長から文書館から細密画家が転落死したという事件の調査を依頼される。文書館の関係者は非協力的で、翌朝、再び死体が発見されてしまう。

 

「アラユルモノノウチニ安ラギヲ求タガ、ドコニモ見出セナカッタ。タダ片隅デ書物ト共ニイルトキヲ除イテハ」

 

〇感想

 イタリアの記号学者によって書かれた本作。舞台は14世紀の修道会で、いわゆる中世ヨーロッパと呼ばれる時代です。悪魔の存在が公然と信じられていた時代に、奇怪な殺人事件の解明にウィリアムらが挑みます。冒頭の前書きによると、この物語はアドソが後年に残した手記を元にしているという、随分と凝った設定になっています。作中でも主人公たちは、誰かと出会うたびに宗教的な議論を吹っ掛けられることになります。そうしたキリスト教的な議論や神学的な問いが、分厚い上下2巻の半分以上を占めているのですが、正直に言うと不勉強な私にとっては力不足を痛感しました。宗教が絶大な力を持っていた中世は、まさにそういう時代だったということなのかもしれません。

 ですが、連続する殺人事件の他にも、謎めいた暗号や複雑で不気味な迷宮、美しくも妖しい女など、魅力的なミステリー要素もたくさん盛り込まれています。本作は7日間の物語で、各章がさらに細かく区切られており、時間経過が分かりやすくなっているのですが、読んでいくにつれて謎が深まっていきます。この焦らされている感じがミステリーを読んでいる醍醐味とも言えますね。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『東京バンドワゴン』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 心にとっての読書は、身体にとっての運動と同じである。

リチャード・スティール(アイルランドの作家/1672-1729)

 さて、今回は小路幸也さんの『東京バンドワゴン』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 語り手である幽霊・堀田サチが見守る中、サチの亭主で頑固親父の勘一、二人の息子で伝説のロッカー・我南人、さらにその子供である藍子・紺・青、紺の嫁の亜美、藍子の娘である花陽、紺と亜美の息子である研人の8人家族は、東京の下町で「東京バンドワゴン」という古本屋兼カフェを営んでいた。

 今日も朝から騒がしい堀田家。そんな東京バンドワゴンの本棚に、見たことのない百科事典が現れたり無くなったりする。(『百科事典はなぜ消える』)

 もともとぼーっとしている藍子だったが、最近なぜか元気がない。さらに堀田家には、青の恋人だというみすずが押しかけてくる。(『お嫁さんはなぜ泣くの』)

 勘一たちが老人ホームに貸本を届けた翌日、入居者の一人が行方不明になったという。また、紺が古書の買い取りに向かったが、朝目覚めると依頼人も本も消えていたという。(『犬とネズミとブローチと』)

 青の結婚式が迫る中、夏目漱石『それから』の初版本が発見される。そこには、先代が書き残したと思われる「冬に結婚すべからず」という家訓が記されていた。(『愛こそすべて』)

 

「お祖父ちゃん!たまごかけご飯に醤油かけすぎです!死んじゃいますよ!」

 

〇感想

 8人の大家族が毎日ワイワイガヤガヤ大騒ぎ。もちろんご近所さんとも顔なじみ。毎度毎度事件やトラブルが発生するが、なんやかんや最後は笑ってハッピーエンド。本作では、ひと昔のホームドラマのような、どこか楽天的で懐かしい世界観が繰り広げられています。実はよく見ると曾祖母や祖母がすでに亡くなっており、青が愛人の子だったり、藍子がシングルマザーだったりと、なかなか重い設定のてんこもりなのですが、終始楽しんで読めるのもこの雰囲気のおかげですね。個人的には、各話の最初に挟まれるみんな揃っての朝食シーンが好きです。それぞれが好き勝手に話をしながらも、会話が混線しないのは大家族ならではです。

 また、推理要素も入れつつ短いお話の中で起承転結がしっかりと組み立てられており、本当にドラマを1話見たような気分でサクサク読めます。大家族の雰囲気に日常ミステリーの手軽さがぴったり合います。本作が発売されたのが2006年で、その後シリーズ化。2022年現在17巻が刊行されています。基本一話完結型なので、最初から読んでも、好きな所から読んでも良さそうです。私自身はいわゆる下町のようなところで暮らした経験はありませんが、それでも懐かしさを感じるのは不思議です。人間関係が希薄になった現代だからこそ、昔ながらの下町の人情味に憧れるのかもしれませんね。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『本を読むひと』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 読書は私たちに未知の友人をもたらす。

オノレ・ド・バルザック(フランスの小説家/1799-1850)

 さて、今回はアリス・ファルネさんの『本を読むひと』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 アンジェリーヌばあさんの一家は、その日暮らしの貧しさの中で、怠惰と暴力に満ちた生活をしていた。そんなジプシーの家族のところへ、図書館の責任者であるエステールが子供たちに本を読みにやってくるようになる。

 

 一生涯あたしは貧しくて運がなかった。でもいつでも自分の人生が好きだった。

 

〇感想

 ジプシーという名前は本の中では聞いたことがありますが、日本に暮らしているとその実態までは分かりません。本作では、現代のフランスにおかるジプシーの生活が詳細に描かれます。定住することも定職に就くこともできず、どうしようもない貧困の中で夫は妻に暴力を働き、妻はただ耐え、子供たちは学校に通うこともありません。日本と同じくフランスにも子供が教育を受ける権利はありますが、ジプシーの存在は半ば公然と無視されていたようです。教育が受けられないと、結局子供たちもそこから抜け出すことができません。それが貧困の恐ろしさと言えます。一方で、ジプシーの持つ誇り高さも感じられました。自分たちの家族をなによりも大切にし、エステールたち外部の人間のことは区別して「外人」と呼びます。それがまた変われない原因ともいえるのが難しいところです。

 そんなジプシーの一家の元へ、「人生には本が必要だ」と言ってやってくるのがエステールでした。毎週水曜日に彼女の行う読み聞かせを、子供たちはすぐに心待ちにするようになります。その後不幸な出来事があり、エステールは子供を学校に通わせるためにさらに奮起します。本を読むことから傷ついた心を癒し、子供たちの未来まで変えていくところに、本や物語の力を感じました。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『三月は深き紅の淵を』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 読書ほど安い娯楽も、長続きする喜びもない。

メアリー・ウォートリー・モンタギュー(イギリスの著述家/1689-1762)

 さて、今回は恩田陸さんの『三月は深き紅の淵を』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 不安定な空模様の三月、鮫島巧一は会長から読書家が集まるお茶会に招かれる。個性豊かな参加者たちは、『三月は深き紅の淵を』という幻の本を探していると言う。それは、巨大な書庫をいくつも持つこの家のどこかにあるそうで、鮫島はその本を探す賭けに巻き込まれる。

 

「駄目よ、物語は物語自身のために存在するの。」

 

〇感想

 変わった設定の中で謎が投げかけられるミステリーでありながら、作中では小説論や物語論が交わされるという、なんとも不思議な雰囲気の作品でした。本作は4つの章から構成されていて、どの話にも『三月は深き紅の淵を』というあからさまにいわくつきの本が登場します。1章では、『三月』のあらすじが語られるのですが、それがまた面白そうな内容で興味をそそります。各章ごとに『三月』の扱いが微妙に違っているので、『三月』の謎がとにかく深まっていきます。また、登場人物も一癖も二癖もある人達ばかりで、怪しげな世界観に引き込んできます。そんな胡散臭い雰囲気の中で、キットカットソフトサラダといったお菓子の具体的な商品名が登場するというのが、個人的にはアンバランスで面白かったです。

 第4章では、『三月』らしき小説を書いている部分と、親に捨てられた子供たちが集められた施設の物語が交互に展開されるのですが、それまでの3つの話に比べて、かなり異質で難解です。なぜだろうと思いましたが、本作には続編があるそうです。『三月』の世界がどう繋がっていくのか、先を読んでみたくなりました。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『太宰治の辞書』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

読書ほど安い娯楽も、長続きする喜びもない。

メアリー・ウォートリー・モンタギュー(イギリスの著述家/1689-1762)

 さて、今回は北村薫さんの『太宰治の辞書』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 偶然見つけたピエール・ロチの『日本印象記』から始まり、芥川龍之介三島由紀夫太宰治と続いていく私の文学の旅。真打となった円紫さんの助言を受け、太宰治の辞書を求める旅へ。

 

 「自分の好きだった本が、友達のうちに置いてあるのも、悪いことじゃない。」

 

〇感想

 本作は、17年ぶりに書かれた《円紫さんと私》シリーズになります。《円紫さんと私》シリーズは、私ももともと好きな日常ミステリでした。「私」が女子大生だった第1作『空飛ぶ馬』はあまりの文章レベルの高さから、北村さんが当時覆面作家だったこともあって、本当に女子大生が書いていると思われていたという逸話があるほどです。奇しくも、本作で登場する太宰治の『女生徒』のエピソード(太宰は女学生から送られてきた日記をもとに『女生徒』を書いたそうです。)と被るところがあるのが面白いです。

 本作では、出版社で働きながら子を持つ母となった「私」が、小説の中で見つけたふとした疑問から文学の旅に出ます。正ちゃんや円紫さんといった懐かしい面々との再会を挟みながら、タイトルにもなっている太宰治の辞書を求めていきます。芥川、三島、太宰といった文豪たちの残した文章を繋いで辿っていくところは普通のミステリーにはない面白さがあります。ちょっとした疑問からここまで調べ上げてしまうのがすごいですし、翻って自分の読みの浅さを感じることにもなりました。普通に読書をしているだけでは、一冊の本をここまで深く考えることまずありません。日常ミステリーでありながら、めったにない経験を味わえるのが本作の面白さと言えそうです。

 昔の作家は今の作家とは違い、著者の生き方そのものが作品と密接に関わってきます。後年になってこれだけ深く読まれるというのは、太宰本人が知ったらどう思うのでしょうか。作家の中には、生前はそこまで名前が売れなかった人も多かったと思います。隠していたプライベートまで暴かれてしまうのは流石に嫌かもしれませんが。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『カードミステリー』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 今日読める本を明日まで延ばしてはならない。

ホルブルック・ジャクソン(イギリスのジャーナリスト/1874-1948)

 さて、今回はヨースタイン・ゴルデルさんの『カードミステリー 失われた魔法の島』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 お父さんとぼくは、居なくなったママを探しにギリシャへと車を走らせていた。ぼくは不思議な小人からはルーペを、パン屋のおじいさんからは豆本の入ったパンをもらう。お父さんの哲学的な話を聞きながら、ぼくはこっそりと豆本を読み進める。そこには、200年前に続く不思議な物語が記されていた。

 

「人間の頭脳が、人間にわかるほど単純だったら、何もわかるはずがない」

 

〇感想

 本書はジョーカーを含めたトランプになぞらえて、53の小節に分けられています。それぞれの話にもトランプを匂わせる表現が多く登場し、どことなくルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を連想させます。本作の構造はかなり緻密に計算されており、豆本の中のルートヴィヒの話はぼくとお父さんを取り巻く環境と似ており、さらにルートヴィヒが聞いたハンスの話も似ており、さらにまた200年前のフローデの話があって、といった感じで、いわゆる入れ子構造になっています。不思議の世界に迷い込んだアリスのように、読者もどんどんと謎の中に入り込んでいきます。

 また、そうしたファンタジー的な要素に加えて、「人間はどこから来てどうして生きているのか」といった哲学的な問題にも関わってくるのが本作の特徴です。著者のゴルデルは作家になる前に哲学の教師をしていたそうで、本作では哲学的な問題がファンタジーにうまく溶け込んでいます。本作に登場するぼくやお父さんのように、簡単には答えが出ない問いを考えるのが好きな人なら、よりこの作品を楽しめるのではないでしょうか。私たちも疑問を忘れない「ジョーカー」でありたいですね。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

『この本を盗む者は』紹介

 こんにちは。

 「秋と言えば」シリーズ、最後はもちろん読書の秋。10月27日~11月9日は「読書週間」でもあります。本を読むのにぴったりの秋の夜長には、せっかくなら「本についての本」を読むのはいかがでしょうか。

 というわけで、11月のテーマは『読書』です。

 膨大な量の本があるにもかかわらず、読む人のなんと少ないことか!

ヴォルテール(フランスの哲学者/1694-1778)

 さて、今回は深緑野分さんの『この本を盗む者は』を紹介します。

 

 

〇あらすじ

 膨大な蔵書量を誇るが一族以外の者は入れない御倉館には、盗難防止の魔術が掛けられていると噂されていた。深冬は本が嫌いだったが、真白という少女から「繁茂村の兄弟」という本を読むように促される。すると、現実がファンタジーの世界に侵食されていた。

 

 この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる。

 

〇感想

 御倉嘉市という書物の蒐集家が建てた御倉館は、当初は私設図書館のように一般にも開放されていました。跡を継いだ娘のたまきは相次ぐ蔵書の盗難に怒り、御倉館を閉鎖します。さらには御倉館から本が盗まれたときに発動する魔術も用意されており、そのために本作の騒動が巻き起こります。深冬はファンタジーの世界、ハードボイルドな世界、蒸気機関が発達した世界と、様々な世界観に巻き込まれていきます。連作短編のように1話につき1冊の本が盗まれるのですが、話が進むにつれてだんだんと御倉館に掛けられた呪いの謎が明かされていく形になっています。

 昨日の『はてしない物語』は本の中に取り込まれていく話でしたが、本作では逆に現実の方が本の世界に侵食されてしまいます。本の世界に入っていくのはなんとなく楽しそうな気がしますが、現実が変わってしまうのはなかなか大変そうです。現実の世界や現実の自分自身があってこそ虚構や物語の世界が楽しめるものだと思うので、現実そのものが変わってしまうと不安の方が大きいのではないでしょうか。例えば大きな災害が起きて日常が非日常になってしまったときなどは、精神的に不安になって鬱になりやすいと言います。失ってから初めて分かるのが、日常のありがたさなのかもしれませんね。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。